配偶者の相続税 かからない場合とは?

会社設立

・配偶者は相続税がかからないって本当?
遺産相続の際によく「配偶者は相続税がかからない」というようなことを言われますが、厳密に言えばこれは間違いで、配偶者であっても相続税の課税義務が発生する場合があります。
しかしほかの法定相続人とくらべて相続税がかかりにくくなっており、その結果配偶者は相続税がかからないというイメージが出来上がってしまったのではないでしょうか?
もともと配偶者は法定相続人の中でももっとも優先される存在であり、財産の取り分ももっとも多いのでそこだけ見れば相続税がかかる可能性が高くなるのですが、配偶者には配偶者しかないメリットがあって、それが影響して相続税を回避できてしまうことも少なくありません。

・基礎控除と配偶者控除
まずはじめに基本的なこととして遺産相続をしたときにどういうケースで相続税がかかるのか知っておく必要があり、ここを知らなければ相続税の仕組みを理解することができないでしょう。
相続の対象となる財産にはプラスの財産とマイナスの財産の2種類があって、プラスの財産からマイナスの財産を引きます。
その総額をもとに相続税の計算をするのですが、そのときにかかってくるのが基礎控除と配偶者控除です。
基礎控除とはすべての相続人に適用される控除のことで、これは3,000万円+(600万円 × 法定相続人の数)の計算式で出すことができます。
つまり法定相続人の数によって基礎控除額が変わってくるので、まずは基礎控除額がいくらになるのかを計算しなければなりません。
たとえば法定相続人が5人いる場合は3,000万円 + (600万円 × 5)となりますから、基礎控除額は8,000万円になります。
そして先ほどプラスの財産からマイナスの財産を引いて出た金額から基礎控除額を引いて出た部分が相続税の対象になります。
一方配偶者控除とは配偶者のみに適用される控除のことで、基礎控除額の範囲内あるいは1億6,000万円をこえない範囲であれば非課税になるというシステムになっています。
したがってほかの法定相続人とくらべて控除の面でかなり優遇されているため、配偶者は相続税がかからないというイメージを持たれているのではないでしょうか?
そして控除と同時に知っておきたいのが相続税の延納についてで、これは万が一期限までに納められない場合は相続税の納付を先延ばしできるシステムのことなので、こちらも併せて情報収集しておいてください。

相続税の取得金額による税率

相続税

相続税の税金に関しては、税率がそれぞれ変わってくること理解しなくてはなりません。
そもそも日本の税制度では、より多く獲得している方が税率も高くなり、より少なく獲得している方が税率も低くなるように設定されています。
これは相続税に限らず、所得税なども同様に設定されているのです。
そのため、遺産が多ければ多いほど、税率も高くなるということについてしっかり理解しておかないといけません。
そこをしっかり考えられるかどうかによって、やはり変わってくるのではないでしょうか。
税率はそれぞれの金額ごとに決められているので、そこも考えておく必要があります。
事実、近年は相続にも格差が生まれてきています。
財産や資産を遺せる人もいれば、まったく遺せない人もいます。
そうなると、やはり相続人によって税率も変わってくる可能性が大きくなります。
それを避けるために、まずはじっくりと考えていくしかないと言えるでしょう。

相続人に関しては、相続対して放棄するかどうかを選択する余地があります。
事実、近年は相続放棄という手段を選択するということも少なくありません。
そこまで相続がないのなら、税金もかかりません。
しかし、相続が多い場合には相続放棄をして税金を支払わないということも選択できます。
そこは個人の自由なので、自分の生活などを見極めて選んでいきましょう。
当然ですが、借金やローンなどが残っている場合も、相続放棄することが可能です。
ちなみに相続放棄すれば、相続税の支払いは必要ありません。
そもそも相続するということがないので、当然ですが相続税に関しても支払う義務はないのです。
ただ、相続に関しては色々な状況が考えられるので、そこは注意が必要となります。
まずは自分の相続がどのような状況なのかを把握する必要があります。

その点も含め、まずは専門家に相談してみるというのも良いかもしれません。
相続税に関しては、特に税理士などに相談すると良いでしょう。
税理士なら、どれくらいの税金なのか計算してくれますし、申告から納付までサポートしてくれます。
その他、どうすれば節税できるのかに関しても教えてくれるので、とても助かるはずです。この手の専門家は色々な知識を持っているので、そちらも合わせて相談してみてください。
もしかしたら、税金を安くしつつ相続できるかもしれません。
税率などの考え方も一般の方はわからないことが多いはずなので、そこも聞いておくと良いでしょう。

相続税の注意点!甥っ子は?

会社設立01

ここでは相続税の注意点について、甥っ子が遺産相続をするケースをテーマに解説していきたいと思います。
相続税というものは、 亡くなった人から遺産を譲り受けた時にかかる税金のことです。
亡くなった人のことを被相続人といい、相続する財産を遺産といいます。

相続税には、基礎控除額というものがあり、その金額を超えた分に対して課税される仕組みです。
例えば法定相続人が一人しかいない場合は、基礎控除額が3600万円となっており、仮に4000万円の価値の遺産を譲り受けた場合、差し引き400万円に対して課税されます。

譲り受けた遺産が基礎控除以下の場合は、相続税を申告する必要はありません。
法定相続人の人数によって基礎控除額が変わるのですが、これには計算式があります。
「3000万円+600万円×法定相続人の人数=相続税の基礎控除額」という計算式で、求めることができます。

では、法定相続人に該当する人、というのはどういう人なのでしょうか?
法定相続人は、民法で定められた相続人のことを言います。
例えば、亡くなった夫の妻は配偶者にあたるのですが、この配偶者は、被相続人の子供と並んで優先的に遺産を受け取る権利がある相続人ということになります。
仮に5000万円を遺産として残された場合、配偶者と子供にそれぞれ2,500万円ずつ財産を相続することになります。

子供がいない場合は、配偶者と被相続人の親が法定相続人になります。
子供が複数にいる場合は、頭割りで計算されることになる仕組みです。
一番最後は、被相続人の兄妹姉妹が法定相続人の対象になります。

この辺りは 少々ややこしいので簡単に説明すると、配偶者は常に法定相続人という立場を維持することができ、子供は優先的に遺産を配偶者と分けて相続することができるようになっているということです。
子供や孫ががいないケースで、初めて親と配偶者が相続人になり、被相続人に兄妹姉妹しかいない場合、初めて兄妹姉妹が法定相続人となります。
配偶者がいる場合は、配偶者と兄弟姉妹で遺産を分けることになりますが、この時の法定相続分は、配偶者が3/4、兄妹姉妹は1/4が相続分となります。

では、甥っ子の場合はどうなるのでしょうか?
甥っ子も法定相続人になることができるのですが、これには条件があります。
これは被相続人の親や、子供、直系尊属がいないケースで、法定相続人として該当することになります。

仮に被相続人に兄妹姉妹がいれば、彼らが遺産を相続することになるので、甥っ子は相続人になることはできません。
ですが、遺言書で遺贈という方法を取れば、甥っ子にも遺産の一部を引き継がせることが可能となります。この遺贈という方法は、家族に限らず遺産を譲ることができる手段です。
相続税は非常に複雑な内容となっていますので、もし相続に関する問題が発生しているのであれば、専門家に相談してみましょう。

相続税はいつまでに支払うの?

相続

被相続人が亡くなった際、残された家族や遺族がおこなわなければならない手続きは多々あります。
意外にもやることが多くて、パニックになってしまうことが多いです。
特に注意しておきたいのが相続税の申告と納税です。
これには期限が決められているため、放置しておくと大変なことになります。
相続するものがない場合は良いですが、その場合にも相続放棄しなくてはならず、それにも期限が定められています。
このように、相続税に関することは期限なども多く、手続きをしっかりおこなっておかないと損をしてしまうことも多いです。
十分に注意して手続きを進めていくようにしてみてはいかがでしょうか。

かし、多くの方は相続に関しての知識がなく、そもそもそれらの期限に関しても知らない方が多いでしょう。
それらは勉強しておくことが良いのですが、それでも毎日忙しくしている方にとっては、勉強する時間さえないということもあります。
ここで簡単に説明するので、参考にしてみてください。

被相続人が亡くなった際、まず必要となってくるのが相続税の申告と納税です。
これは期限が相続を知ってから10か月以内と決まっています。
つまり、被相続人が亡くなってから、10か月以内に遺産分割協議をおこない、自分が納税すべき相続税に関しても計算しておかなくてはならないのです。
また、相続放棄する場合はもっと短く、3か月以内に手続きすることが必要となります。
そのため、意外と時間がありません。
被相続人が亡くなってから、しっかりと相談して家族や遺族で手続きする人なども決めておくことをおすすめします。

実際には忙しくてなかなか対応できないと思うので、そういう場合は専門家の力を借りるようにしてください。
なお、相続税はいつまでに支払うのかと言えば、10か月以内と決まっています。
しかし、その前に申告して納税する分には問題もありません。
つまり、早めにすべての手続きを済ませておく方が安心と言えます。
万が一ミスなどが発覚しても、早めに手続きしておけば修正も可能です。
くれぐれもギリギリになってしまわないようにすることが必要となるでしょう。

なお、被相続人が亡くなってから手続きするのが面倒で手間という方は、生前贈与なども活用してみると良いです。
亡くなってから相続を決めると、遺族や家族でトラブルになることもありますし、問題も大きくなります。
できる限りは生きている間に、相続の話も進めておくようにしてください。

配偶者の相続税について専門家の方への相談

夫婦として一緒に歩んできたパートナーの方が亡くなったとしたらそのショックの大きさは計り知れないものだと思います。
そんな悲しいことについてですが、亡くなった方の所有している遺産に関しては法定相続分に基づいて相続を行うことになります。
もちろん配偶者の方も法定相続人となっていますから相続を行うことができます。
ですが気になるポイントとしての相続税が挙げられます。
続きを読む 配偶者の相続税について専門家の方への相談

相続税に関して配偶者はいるけれど子供なしの場合について

人が亡くなれば所有していた財産はどうなるのでしょうか。
所有していた金銭的価値のある財産に関しては法律に従って分配されることとなります。
その分配される内容としては法律に基づいて設定されている法定相続人が基準となります。
続きを読む 相続税に関して配偶者はいるけれど子供なしの場合について

配偶者の相続税の基礎控除について

亡くなった方が所有していた遺産を相続する場合には相続税が課されます。
ですが遺産を相続した分の金額すべてにおいて相続税が課されるというわけではなく、もちろん控除というものが存在します。
ですので相続税に関する税金対策を行うことができるのです。

参考:相続税の基礎控除について
続きを読む 配偶者の相続税の基礎控除について

配偶者が死亡した際の相続税について

配偶者の方が死亡されたとなると相続が発生することとなります。
亡くなった方が遺産を所有していた場合、その遺産を分配する必要が出てくることでしょう。
そしてまた分配するその内容の内訳としては法律で定められている法定相続分に基づいて分配することとなります。
続きを読む 配偶者が死亡した際の相続税について

配偶者の相続税に関する申告について

夫婦のどちらかが亡くなって、その配偶者の方がご健在であった場合には、配偶者の方が法定相続人として定められていますので相続を受けることができます。
金銭的価値のある財産を遺産として相続することができるのです。
その金銭的価値のある財産について、相続をする場合には相続税が課されることになりますが、配偶者の方の場合はかからないケースが多いです。
というのも配偶者相続税軽減措置がおかれていますからそれに基づきますと、最低でも1億6000万円までの遺産の相続に関しては配偶者の方は相続税が課されないということになります。
続きを読む 配偶者の相続税に関する申告について

配偶者の相続税における小規模宅地の特例について

遺産を相続することになると相続税と呼ばれる税金が課されるケースが出てきます。
支払う税金はできるだけ少ない方がいいのは当然ですよね。
相続の仕方によっても支払う税金の金額は変わってきます。
ですので相続税を少なくするためにもしっかりと税金対策を行う必要があるでしょう。
続きを読む 配偶者の相続税における小規模宅地の特例について