配偶者の相続税の基礎控除について

亡くなった方が所有していた遺産を相続する場合には相続税が課されます。
ですが遺産を相続した分の金額すべてにおいて相続税が課されるというわけではなく、もちろん控除というものが存在します。
ですので相続税に関する税金対策を行うことができるのです。

参考:相続税の基礎控除について

相続税が課されるということですが、まず配偶者の方に関しては配偶者控除と呼ばれるものがあります。
基礎控除額よりも大きな控除額となっていますので、配偶者の方に関しては相続税を支払う必要がないケースの方が大きいのではないでしょうか。
基礎控除としては3000万円+600万円×法定相続人の人数となっています。
ですのでお子様など親族の方が遺産を相続する場合にはこの基礎控除額の計算式に当てはめて計算をすることができるのです。
この分の金額が控除となりますのでかなり大きいですよね。

また配偶者の方の場合はこういった基礎控除ではなく、配偶者相続税軽減措置と呼ばれる法律での措置によって定められている分が控除されることとなります。
その内訳としては1億6000万円または法定相続分のどちらか大きい金額の方という風になっていますので、少なく見積もっても1億6000万円よりも少ない金額の場合には相続税は発生しないということになります。
税金が課されるものの内容としては、預貯金や現金だけでなく土地や建物、借地権、また家財道具や自動車などもあげられますので全部合わせると大きな金額になるという場合でも相続税に関しては安心することができそうです。

また申告が必要になってくるのですが、申告期限以内に被相続人における管轄の税務署に対して申告書の提出を行うことで申告をすることができます。
簡単に行えます。
ですが必要書類の提出も一緒に必要となりますので、事前にどういった書類が必要になるのか、どうやってその書類を用意することができるのかということを調べておく必要があります。
そうすることでスムーズに手続きを行うことができるでしょう。