配偶者の相続税に関する申告について

夫婦のどちらかが亡くなって、その配偶者の方がご健在であった場合には、配偶者の方が法定相続人として定められていますので相続を受けることができます。
金銭的価値のある財産を遺産として相続することができるのです。
その金銭的価値のある財産について、相続をする場合には相続税が課されることになりますが、配偶者の方の場合はかからないケースが多いです。
というのも配偶者相続税軽減措置がおかれていますからそれに基づきますと、最低でも1億6000万円までの遺産の相続に関しては配偶者の方は相続税が課されないということになります。

この配偶者相続税軽減措置を受ける、また遺産を譲り受けるためには、必ず申告のための手続きをとる必要があるのです。
簡単な手続きではあるのですが、申告に関しては期限が設けられています。
法律に基づいて期限が設けられていますから必ずその期限までに遺産の相続税の申告、それからまた納付も一緒に行うようにしましょう。
その期限というのが被相続人が亡くなったことを知った翌日から10か月と定められています。
配偶者の方がなくなると様々な手続き等が必要になるかと思いますので、10か月はあっという間に立ってしまうものでもあります。
必ず忘れないように手続きを行うようにしましょう。

申告の手続き、申告書の提出については被相続人の住所を管轄している税務署に対して提出することとなります。
配偶者相続税軽減措置を受ける場合には配偶者の税額軽減額の計算書に対して必要事項を記入する必要があります。
そうすることによって軽減措置を受けることができ相続税対策を行うことができます。

ですが万が一期限以内に申告できなかったとしても、期限を超えたとしても申告をすることができます。
例えば申告を行った後に新しく遺産があったことが分かった場合や相続税に関する納税義務について知らなかったという場合などは特例として後から申告も可能となっているのです。