配偶者の相続税について専門家の方への相談

夫婦として一緒に歩んできたパートナーの方が亡くなったとしたらそのショックの大きさは計り知れないものだと思います。
そんな悲しいことについてですが、亡くなった方の所有している遺産に関しては法定相続分に基づいて相続を行うことになります。
もちろん配偶者の方も法定相続人となっていますから相続を行うことができます。
ですが気になるポイントとしての相続税が挙げられます。

相続をすれば相続税と呼ばれる税金を支払うことになります。
相続税は相続した遺産の金額に関してかかってくるものになりますので、遺産の金額的な価値が高ければ高いほど、金額が大きければ大きいほど、相続税は大きくかかることになります。
ですが配偶者の方の場合は相続税に関してはかからないケースがほとんどとなります。
もちろん申告書を提出するなどの手続きは必要となりますが、相続税がかからなくなるのはとても大きいですよね。

相続税がかからないということに関して配偶者相続税軽減措置と呼ばれる措置が法律で定められています。
1億6000万円もしくは法定相続分の二つでのどちらか一方金額の大きい方に関して、控除されるということになっていますので少ない場合でも1億6000万円までの金額の遺産であれば相続税は課されることはありません。

また相続する金額が非常に大きい金額であるという場合には専門家に相談してみるのもいいかもしれません。
相続税がどれぐらいかかるのか控除も合わせて計算しようとしているけれど計算ができない、わからないという場合には税理士や司法書士などの専門家に相談することがおすすめです。
また基本的な計算式や控除の内容、申告書の提出方法などに関しては、税務署に対して問い合わせると教えてもらうこともできますし、専門家のインターネットのホームページなどにも掲載されていますので簡単に知ることができるでしょう。
分からないことがあれば相談窓口等に相談してみてはいかがでしょうか。