配偶者が死亡した際の相続税について

配偶者の方が死亡されたとなると相続が発生することとなります。
亡くなった方が遺産を所有していた場合、その遺産を分配する必要が出てくることでしょう。
そしてまた分配するその内容の内訳としては法律で定められている法定相続分に基づいて分配することとなります。

法定相続人も法律において定められています。
ですがあくまでも法定相続人、法定相続分に関しては法律で定められた基準であり、基づくものとなっていますから、きちんと作成されている遺言書等があればその遺言書に基づいて遺産を分配するということになります。
遺言書では指定相続分ということになります。
その指定相続分が法定相続分よりも優先されることとなるのです。

では指定相続分、遺言書がなかった場合法定相続分に関してですが、配偶者の方の場合は相続を行った場合発生する相続税を軽減することができる特例があります。
配偶者控除や配偶者相続税軽減措置と呼ばれる特例となります。
法律によって定められていますので、それに基づいて特例を受けることができます。
税金の支払いは決して少ないものではなく遺産が多ければ多いほど大きな金額の税金が課されることになってきますので注意が必要です。
ですのでこういった控除や特例の軽減措置を受けられるのであれば受けるようにするべきなんですね。

配偶者の相続税軽減措置に関しては、内容としては配偶者の方は相続する金銭的価値のある財産の内容が1億6000万円または法定相続分の金額のどちらか大きい方の金額が控除されることとなります。
かなり大きい金額となっていますからほとんどの方は配偶者の方の場合は相続税が課されないのではないでしょうか。
少なくとも1億6000万円までの遺産の相続に関しては相続税が課されないということになります。
またお子様や親族等がいらっしゃらない、法定相続人が配偶者の方のみであるという場合には法定相続分が配偶者が100%となりますから、すべての金額において相続税は一切かからないということになります。