相続税はいつまでに支払うの?

相続

被相続人が亡くなった際、残された家族や遺族がおこなわなければならない手続きは多々あります。
意外にもやることが多くて、パニックになってしまうことが多いです。
特に注意しておきたいのが相続税の申告と納税です。
これには期限が決められているため、放置しておくと大変なことになります。
相続するものがない場合は良いですが、その場合にも相続放棄しなくてはならず、それにも期限が定められています。
このように、相続税に関することは期限なども多く、手続きをしっかりおこなっておかないと損をしてしまうことも多いです。
十分に注意して手続きを進めていくようにしてみてはいかがでしょうか。

かし、多くの方は相続に関しての知識がなく、そもそもそれらの期限に関しても知らない方が多いでしょう。
それらは勉強しておくことが良いのですが、それでも毎日忙しくしている方にとっては、勉強する時間さえないということもあります。
ここで簡単に説明するので、参考にしてみてください。

被相続人が亡くなった際、まず必要となってくるのが相続税の申告と納税です。
これは期限が相続を知ってから10か月以内と決まっています。
つまり、被相続人が亡くなってから、10か月以内に遺産分割協議をおこない、自分が納税すべき相続税に関しても計算しておかなくてはならないのです。
また、相続放棄する場合はもっと短く、3か月以内に手続きすることが必要となります。
そのため、意外と時間がありません。
被相続人が亡くなってから、しっかりと相談して家族や遺族で手続きする人なども決めておくことをおすすめします。

実際には忙しくてなかなか対応できないと思うので、そういう場合は専門家の力を借りるようにしてください。
なお、相続税はいつまでに支払うのかと言えば、10か月以内と決まっています。
しかし、その前に申告して納税する分には問題もありません。
つまり、早めにすべての手続きを済ませておく方が安心と言えます。
万が一ミスなどが発覚しても、早めに手続きしておけば修正も可能です。
くれぐれもギリギリになってしまわないようにすることが必要となるでしょう。

なお、被相続人が亡くなってから手続きするのが面倒で手間という方は、生前贈与なども活用してみると良いです。
亡くなってから相続を決めると、遺族や家族でトラブルになることもありますし、問題も大きくなります。
できる限りは生きている間に、相続の話も進めておくようにしてください。