相続税の注意点!甥っ子は?

会社設立01

ここでは相続税の注意点について、甥っ子が遺産相続をするケースをテーマに解説していきたいと思います。
相続税というものは、 亡くなった人から遺産を譲り受けた時にかかる税金のことです。
亡くなった人のことを被相続人といい、相続する財産を遺産といいます。

相続税には、基礎控除額というものがあり、その金額を超えた分に対して課税される仕組みです。
例えば法定相続人が一人しかいない場合は、基礎控除額が3600万円となっており、仮に4000万円の価値の遺産を譲り受けた場合、差し引き400万円に対して課税されます。

譲り受けた遺産が基礎控除以下の場合は、相続税を申告する必要はありません。
法定相続人の人数によって基礎控除額が変わるのですが、これには計算式があります。
「3000万円+600万円×法定相続人の人数=相続税の基礎控除額」という計算式で、求めることができます。

では、法定相続人に該当する人、というのはどういう人なのでしょうか?
法定相続人は、民法で定められた相続人のことを言います。
例えば、亡くなった夫の妻は配偶者にあたるのですが、この配偶者は、被相続人の子供と並んで優先的に遺産を受け取る権利がある相続人ということになります。
仮に5000万円を遺産として残された場合、配偶者と子供にそれぞれ2,500万円ずつ財産を相続することになります。

子供がいない場合は、配偶者と被相続人の親が法定相続人になります。
子供が複数にいる場合は、頭割りで計算されることになる仕組みです。
一番最後は、被相続人の兄妹姉妹が法定相続人の対象になります。

この辺りは 少々ややこしいので簡単に説明すると、配偶者は常に法定相続人という立場を維持することができ、子供は優先的に遺産を配偶者と分けて相続することができるようになっているということです。
子供や孫ががいないケースで、初めて親と配偶者が相続人になり、被相続人に兄妹姉妹しかいない場合、初めて兄妹姉妹が法定相続人となります。
配偶者がいる場合は、配偶者と兄弟姉妹で遺産を分けることになりますが、この時の法定相続分は、配偶者が3/4、兄妹姉妹は1/4が相続分となります。

では、甥っ子の場合はどうなるのでしょうか?
甥っ子も法定相続人になることができるのですが、これには条件があります。
これは被相続人の親や、子供、直系尊属がいないケースで、法定相続人として該当することになります。

仮に被相続人に兄妹姉妹がいれば、彼らが遺産を相続することになるので、甥っ子は相続人になることはできません。
ですが、遺言書で遺贈という方法を取れば、甥っ子にも遺産の一部を引き継がせることが可能となります。この遺贈という方法は、家族に限らず遺産を譲ることができる手段です。
相続税は非常に複雑な内容となっていますので、もし相続に関する問題が発生しているのであれば、専門家に相談してみましょう。