相続税に関して配偶者はいるけれど子供なしの場合について

人が亡くなれば所有していた財産はどうなるのでしょうか。
所有していた金銭的価値のある財産に関しては法律に従って分配されることとなります。
その分配される内容としては法律に基づいて設定されている法定相続人が基準となります。

ではあるご家庭において夫婦のみのご家庭だった場合、子供なしのご家庭であった場合にはどうなるのでしょうか。
ご夫婦のみでお子様がいらっしゃらない、ほかの親族の方もいらっしゃらず家族としては配偶者の方のみだった場合には、配偶者のみが法定相続人であるということになります。
ですので法定相続分はすべて配偶者の方になるんですね。
亡くなった方の遺産はすべて配偶者の方が相続するということになります。

また配偶者という言葉についてですが事実婚の配偶者は遺産の相続を行うことはできません。
必ず婚姻届けを提出している必要があります。
婚姻届けが出されているかどうかに基づいて配偶者であることを判断されることとなります。
逆に言えば婚姻届けさえ提出されていれば婚姻期間に特に縛りはありません。
離婚届が提出されてしまっている元夫婦に関しては配偶者というくくりにはなりませんので、遺産を相続することができません。
ですので必ず婚姻届けが提出されている配偶者のみということになります。

また配偶者のみがすべての遺産を受けとる、相続するということになればどうしても相続税がたくさんかかってしまうのではないかという心配がつきものになりますよね。
その点はどうなのでしょうか。
配偶者相続税軽減措置と呼ばれる措置によって配偶者の方は1億6000万円または法定相続分のどちらか金額の大きい方が控除されることとなります。
ですのでこの場合相続人が配偶者のみですと、法定相続分が100%配偶者の方であるということになりますので相続税がかかることはありません。
相続税を課されることなく遺産をすべて相続することができるようになっているのですね。