配偶者に相続税がかかるケースとかからないケース

親族で誰かが亡くなった場合、亡くなった故人が所有している金銭的価値のある財産を相続する際の相続問題なんかが最近話題になっていますよね。
財産の相続をすることで、個人の所有する財産を譲り受けることができます。
遺言に基づいて遺産を分配することとなりますが、どういった人が遺産を相続することができるのでしょうか。

相続に関しては法律で詳細に定められています。
相続人として法定相続人と呼ばれる相続人があります。
この法定相続人とは民法で定められている相続人のことになります。
そして法定相続人が遺産を相続する際には必ず税金を支払う必要があります。
金銭的価値のある財産を譲り受けることになるのですから、それに応じた額の税金を納める必要が出てくるのです。
その税金のことを相続税と呼びます。

この相続税についてですが、故人の配偶者が遺産を譲り受ける、相続する場合には税金が課されないケースがあります。
基本的に配偶者に関しては常に法定相続人となります。
法定相続人が配偶者のほかにいない場合には配偶者のみが法定相続人ということになります。
そして配偶者が相続を行った場合には、配偶者相続税軽減措置という措置が取られています。
ですのでその配偶者相続税軽減措置に基づくと、1億6000万円または法定相続分のどちらか金額が大きい方の相続額までは相続税がかからないという風に法律で決められています。
ですのでこれに当てはまる相続額であれば配偶者の方の場合は相続税がかかることはないのです。

またどちらか大きい金額ということなのですが、法定相続人として相続する相続人が配偶者のみの場合には、すべての相続額に税金がかかることはありません。
法定相続分まで、ということになりますので法定相続分が100%であるということになり、その金額に税金が課されることがないのです。
ですので相続をしたけれども多額の税金の支払いが出てしまうなんてこともありません。

相続税が課される内容としては金銭的価値のある財産すべてなので、例えば不動産なども相続税が課される金銭的価値のある財産としてみなされます。
ですので家を相続で受け継いだけれどもその分相続税を支払わなくてはいけなくて大変になってしまうというケースもありますが、配偶者の場合はそういったことから免れることとなります。
このような配偶者相続税軽減措置について考えると配偶者の方は相続税がほとんどかからないのでは、となるかもしれませんが先ほどの配偶者相続税軽減措置で定められている、1億6000万円または法定相続分のどちらか金額の大きい方、よりも大きい金額を相続した際には相続税が課されることになりますので注意が必要です。

また配偶者相続税軽減措置、配偶者控除を受ける場合には申告をする必要がありますので、忘れずに必ず申告するようにしてください。
法律に基づいて相続する額を算出した後に、そこから控除される額を出し申告期限までに申告する必要があります。
申告は申告書と必要書類を提出するという簡単なものにはなるのですが、金額の計算も必要になりますし、また必要書類をそろえるのも大変ではありますから、早めに行っておくことをお勧めします。

また配偶者のみが法定相続人であった場合すべての相続額に相続税が課されないということなのですが、配偶者以外にも子供がいた場合には子供が相続放棄を行えばすべて配偶者が相続税が課されることなく相続できるのでは、と思いがちです。
ですが子供の相続放棄により相続できる法定相続人が配偶者の方のみになったとしても、お子様が相続放棄をされる前の状態での法定相続分での計算をすることになりますので、お子様の相続放棄によって税金対策を行うことはできません。
相続税に関して支払う必要がありそうだ、どういった相続税対策、税金対策をすればよいかわからないというような場合には司法書士などに相談をしてみるのも一つの手かもしれません。

また相続税に関して配偶者の方以外でも控除を受けることができます。
その控除額の計算については法律に基づいた計算式に数字を当てはめるだけで簡単に算出することができます。
配偶者の方以外の相続税の控除額の計算式としては、3000万円+600万円×法定相続人の人数=相続税の基礎控除額ということになります。

また相続税の支払いが生じた場合には控除の申告などもする必要があると先ほど記載しましたが、その申告期限としては相続の開始を知った、つまりは故人が亡くなったことを知った翌日から10か月以内とされています。
それまでに申告と相続税の納付を済ませる必要があるんですね。
ですが遺産が少ない、先ほどの計算式でいえば3600万円以下の場合には申告をする必要がないので相続税の支払いがないという場合には安心してくださいね。
申告をする必要がないので手間もかかりません。
なかなか機会がないと知ることもないことですので、知識として知っておくといいですね。

相続についてはこちらがわかりやすくまとまっています。相続に関する基礎知識を図解で分かりやすく解説!